上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



印象としてはあっさりおわった
一瞬で


朝から晩まであんだけ充実してたのに
いつの間にか後夜祭で正門のアーチが燃えてて
みんなで肩組んで 乾杯 うたってて

ああ、これももう6回目なんや って



すっごい楽しかったです
実行部の後輩さんに
ちょっとイライラしたこともあったけど
それはこんだけこの学校に通って
学園祭に関わってきたから思えることやから
後輩さんたちに手助けをしながらみまもって
これだけ素晴らしい学園祭になったことが
すごいと思いました。


大爆笑の教員劇から始まり、
毎年恒例のファイヤーをみながら
乾杯を歌って終わった最後の学園祭。



6回やってその一回一回に思うこともあるし
鳥肌が立つようなシーンもあれば後悔もあるけど
さいごの学園祭がこれでよかったと思う。


中夜祭の時の花火をみて
そのきれいな花火をみている人の表情を見て
その驚きのような表情もあれば
たまに歓声があがるその光景をみて
こんな漫画をかけるようになろうと思いました


一歩ひいてそんな光景をみている
自分はあまり好きじゃないけど
漫画で生きていけるような自分は大好きになれると思うので
やっぱり漫画家しかないなと改めて感じました



大学に提出する入学事前課題のネームかいてきます

今日で描けへんかったら明日の打ち上げはいかへん!!
っていう自分ルール

おわり



スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。